助成制度を利用できる

肝炎の治療に関しては、いわゆる『助成制度』が認められています。さきほど挙げたインターフェロン治療やインターフェロンフリー治療などもそれに当たります。そのほか、『核酸アナログ製剤治療』という方法もあります。基本的に助成額は一か月一万円であり、高収入の世帯は基準が少し異なっています。肝炎の治療には、ほかのどの病気に比べても、『早期発見』と『早期治療』が欠かせません。『手遅れ』になってしまわないうちに、適切な治療を行う必要があるのです。そこで、医療機関の間では、患者の治療に関して連携を図るために、独自のネットワークを構築しています。各医療機関が連携することによって、より迅速に治療を行うこと、そして感染を拡大させないこと、という目標が達成できます。また、これからの時代における新薬の開発と承認、それが素早く行われるような仕組みも促進されていきます。より多くの患者が、支援を受けられるような体制がすぐにでも必要となっています。
また、特定の条件に該当する方はB型肝炎の給付金が受け取れますので、相談をしてみるのもいいでしょう。

感染経路は様々だからこそ、やはり個人で特定はしづらい肝炎、私達は少しのサインでも、それを見逃さないようにしたいものです。肝炎だけに関わらず、体が出す違和感やサインに敏感でありたいと思います。