主な治療法について

肝炎における症状は、肝臓の細胞が破壊され、そして『肝臓の機能低下』から始まりますから、その段階に気付きにくいという点が挙げられます。さきほどアルコール性肝機能障害の話をしましたが、それもやはり症状が完全にわかるようになってから、はじめて自分がそれを患っていることに気付くということもあるのです。沈黙の臓器、と呼ばれるように、自分自身が病気のサインに気付きにくい、とても難しい病気でもあるのです。では、どのように肝炎は治療が可能なのでしょうか。

それは肝機能障害がどの段階なのか、にもよりますが、代表的に用いられるのが、『ステロイド』により肝臓の炎症を抑える治療です。それと連帯して用いられるのが、『インターフェロン治療』、『インターフェロンフリー治療』です。インターフェロンとはタンパク質物質を注射により注入することによって、肝炎を引き起こしているウイルスの働きを抑える役割があります。対してインターフェロンフリーとは、インターフェロン治療が行えない患者に対して行うものであり、いわゆる『飲み薬(経口剤)』を用いて治療を行います。

このような適切な治療を早目に行うことによって、肝炎による症状を抑えることができます。