症状と劇症肝炎

単純に『肝機能の低下』と言っても、それに起因する原因はいくつか考えられます。それが『ウイルス性』の症状なのかそうでないのか、という点でも異なってきます。基本的にウイルス性肝炎は○○型という種類で分けられ、A・B・C・D・Eという種類に分けられます。その中でも、より劇症肝炎に発展しやすいのが、今回主に取り上げる『B型肝炎』なのです。ウイルス性肝炎であるB型肝炎は、他の肝炎よりも、症状が長期にわたりやすい、というのが特徴であり、主に発熱、倦怠感、不定愁訴などの症状に始まり、それらが重症化して肝硬変や肝がんに発展することもあります。そして、危険な状態と認定されるのが、B型肝炎がその発症割合で大部分を占めている『劇症肝炎』です。劇症肝炎を発症すると、いわゆる『高度肝機能障害』状態になり、発症してからの生存率、また救命率が急激に低下します。劇症化すると、いわゆる『脳症』を引き起こすことがあり、それによってパニック障害や意識混濁などの危険な症状を招くことがあります。

基本的に肝炎の症状は『急性肝炎』、『慢性肝炎』、『劇症肝炎』に分けられ、急性肝炎は基本的に治療、治癒が可能ですが、慢性化している場合や、劇症化してしまった場合は注意です。